オフィスエム

伝統の陶器に花を生ける様子 伝統の陶器に花を生ける様子

価値を知る

「出張講座 茶・花の道具の勉強会」

2019/10/6

日本には世界最長を誇る王室があることから

長い歴史の中で継承され美術品が沢山残っている国です。

特に千利休が大成した茶の湯文化により

日本固有の美術品、道具という物が登場しました。

この講座では、室礼師松村篤史が解説を担当。

皆さんがご存じの茶碗や掛軸、花籠など

これまで先人が見出し育ててきた茶・花のお道具を

観て実際に手に取って感じていただく講座です。

 

 

 

< 講師 >

 

室礼師、松村 篤史

1978年10月3日生まれ 天秤座 O型

高校卒業後ロンドンに約2年留学

帰国後、山荘無量塔の故藤林社長に出会い旅館という舞台で日々花をいけ、室礼、お客様をもてなすことで独自のスタイルを確立。35歳の時に独立、オフィスエムを立ち上げ室礼師として旅館の床の間を中心に様々な場所の空間コーディネイトを提案している。

 

 

 

1、講師料

20,000円

 

 

2、会場費

オフィスエムサロン(10名以内) 5,000円

その他の会場をご希望の場合は、実費のご負担となります。

※会場の手配を承る場合は、会場使用料の20%を手配料として頂戴します。

※貸会議室、企業の会議室や小ホールなど、どこでも開催できます。

 

 

3、開催人数

お一人様から開催できます。お気軽にお問い合わせください。

 

 

4、諸経費

①交通費

オフィスエムサロンでの開催の場合は不要です。

熊本市内は5,000円、その他の地域は、別途お見積り致します。

 

②道具代

道具手配 50,000円(約30点)

※道具の価格や点数によって価格が変動します

 

③プロデュース料

全体経費の20%

 

 

5、所要時間

約2時間

 

 

6、講座内容

①茶・花・室礼の歴史

②道具の説明・鑑賞

③質疑応答

④ワークショップ

 

 

7、開催例

2019年7月24日開催

於:オフィスエムサロン

第1部 10:00~12:00

第2部 13:00~15:00

第3部 16:00~18:00

催行人数:各10名