オフィスエム

池の樹の葉 池の樹の葉

ブログ

オフィスエムが考える茶道教室について

2020/3/1

 

 

『心を通わせる茶道教室』についてご説明します。

 

 

通常の教室はお茶を点てるお点前を中心にお稽古をしますが

『心を通わせる茶道教室』では、お客様の作法を中心にお稽古をします。

 

理由は、客人はお茶ををいただく作法の中にいつ何を話すのかということも決まっていて、長い茶道の歴史の中で培われた究極の会話術であり、この作法を学ぶことでコミュニケーション能力を鍛え、円滑な人間関係を構築するスキルを習得することができるからです。

 

 

『心を通わせる茶道教室』では作法のお稽古を最初の1時間、後半の1時間は茶道を通して総体的に日本文化を学ぶ講座の2本立で構成しています。

 

2時間の教室を初級、中級、上級に分け各6回の合計18回を受講いただき最終的に客人として茶事に参加することを目標にします。

 

 

お客様のお稽古

 

初級 薄茶をいただく作法 6回

中級 濃茶をいただく作法 6回

上級 炭点前、懐石の作法 6回

 

 

 

講座では書・道具・着物・食など茶道には日本文化のすべての要素が入っており、毎回一つのテーマについて解説いたします。

 

初級

①茶事の流れについて ②亭主と客の役割 ③茶と寺・神社の関係

④床の間について ⑤道具について ⑥花について

 

中級

①着物について ②懐石について ③礼状を書く

④茶道の歴史 ⑤室礼について ⑥能楽について

 

上級

平点前体験(お薄) 6回

 

 

オフィスエムではこの教室を通し文化・芸術・食を語れる仲間を増やし

皆さんと一緒に文化・芸術・食を支援する活動の輪を大きくしたいと思っています。

 

 

 

3月25日 心を通わせる茶道教室@下通教室

3月27日 心を通わせる茶道教室@須屋教室