オフィスエム

能のイベントの様子 能のイベントの様子

価値を知る

「室町時代のいけばな『たてはな教室』 正月編 」

2020/12/22(開催日)

 

 

 

 

講師

柴田ゆかり(一雫の会 福岡たて花教室主宰)

 

日程

2020年12月22日(火)

時間

午前の部10時~ / 午後の部13時~ / 夜の部19時~

参加費

11,000円(税込・講師料・花材代)

 

 

用意する物

花鋏、花巾(タオル)、花材を持ち帰る袋や新聞紙、濡れた藁を入れて

持ち帰るためのビニール袋など。花器はこちらでご用意いたします。

 

 

 

キャンセル料について

花材の準備があるため1週間前より3,000円頂戴いたします。

予めご了承くださいませ。

 

お問合

090-9570-7976(松村)

 

場所

オフィスエム サロン / 〒861-1102 熊本県合志市須屋319-77

 

 

 

 

 

講師紹介

柴田ゆかり

久留米在住  一雫の会 福岡たて花教室主宰

室町時代のいけばな「たてはな」を現代に蘇らせた故岡田幸三に出会い

岡田氏の弟子、故原田耕三に師事。原田氏が亡くなるのを機に志を引き継ぎ

久留米を中心に「たてはな」を伝承している。

 

 

 

 

 

 

 

たてはなとは、、、

「たてはな」とは日本の伝統文化の一つ「いけばな」の源流ともいうべき花形で、室町時代に仏教から発祥しました。現在では、生ける花とは別に立てる花の立花(りっか)として形は残っていますが、当時の、神仏に奉る花としての「たてはな」は長い間忘れ去られた存在でした。

昭和・平成を代表する花人、故・岡田幸三師が昭和27年頃から着手され、古典花道研究の賜として室町の「たてはな」が現代に蘇りました。花瓶に藁を入れて、真直ぐな心を神仏に奉る花姿は、昔の花形でありながら新鮮な感動を呼び起こしてくれます。

 

 

 

 

 

 

 

お稽古風景

 

 

 

 

 

 

 

2019年11月14日 『たてはな教室』秋編 レポート

第2回『たてはな教室』を開催いたしました。

 

2020年3月19日 『たてはな教室』春編 レポート

第3回『たてはな教室』を開催しました。

 

 

 

 

室町時代のいけばな『たてはな教室』 正月編 申し込み

※送信が完了すると自動返信で確認メールをお送りしております。
※3営業日以内に返信がない場合は、届いていない場合がありますので、お手数ですが、もう一度入力して送信してください。

このイベント番号は「1475」です。