オフィスエム

池の樹の葉 池の樹の葉

ブログ

茶道教室 「祈る」ということ。

2020/2/25

 

 

 

茶道では茶室に入ったらまず床の間の正面に座り頭を下げて掛軸を拝見します。

 

お茶は禅宗の創設者である栄西が中国からお茶の種と抹茶の製方を持ち帰ったことがきっかけでひろがり、仏教と茶道は深い関係があります。

 

掛軸には、喫茶去、一期一会、和敬静寂、日々是好日、、、など墨蹟と言われる禅宗の僧侶が書いた毛筆が掛けられます。

 

 

中国から発生したコロナウィルスが猛威を振るい世界中に不安を広めています。

 

 

文明社会が成熟し平和で快適な生活を送れているように感じられますが本当にそうでしょうか?

台風、地震、疫病など自然の力は人間ではどうすることもできないことが現代社会でも多々あります。

 

文明がなかった時代は神様に祈ることで害を逃れようとしていました。

 

もちろん迅速な新薬の開発、行政の対応は必要ですが

そこに「 祈る 」ということもこれからは必要ではないでしょうか。

 

 

茶道には言葉の力で仏の悟りを伝える役割があります。

もう一度人間の弱さを自覚し、頭を下げる謙虚な心を持ち、

茶道を通して見えない力を見直してみてはいかがでしょうか?

 

 

「心を通わせる茶道教室@下通」の教室風景

 

 

 

7月30,31日 心を通わせる茶道教室@須屋教室