オフィスエム

伝統の陶器に花を生ける様子 伝統の陶器に花を生ける様子

価値を所有する

数寄屋袋|SUKI (オフィスエム × めぐみ和裁工房)

数寄屋袋とは?オフィスエムが提供する和製クラッチバックで歴史ある文化を伝承します。

数寄屋袋とは?

お茶席に必要な道具を入れることのできる和装小物(茶道具)の一つです。
本来、主に入れる道具は、お茶席として使用するものになりますので、冠婚葬祭等でお祝儀袋や不祝儀袋としてもよく使われる「袱紗(ふくさ)」、お茶席では作法としても重要な道具になる「扇子(せんす)」、お茶席で出されるお菓子などをいただく際に必要な、現代でいうハンカチやティッシュのようなもの「懐紙(かいし)」、お菓子をいただくときに必要で、現代のフォークやスプーンのようなテーブルウェアの代わりになる「菓子切(かしきり)」などをまとめて入れたりします。

また、替えの足袋や小物を入れることもできる、とても重要な和装小物のひとつです。
寸法はだいたい 21cm × 15cm × 3cmが標準でA4サイズの紙を半分に折った大きです。
その日の趣向や季節、お着物に合わせた数寄屋袋を持参することは、遊び慣れた茶人のお洒落アイテムの1つです。

数寄屋袋の生地で選ぶ

オフィスエムでは、現代のライフスタイルに合わせて使用できるよう、「SUKI」というシリーズで、アンティーク着物をはじめ小倉織、ラオス織やヨーロッパのファブリックなど様々な生地で数寄屋袋を作っています。

数寄屋袋の新しい使い方のご提案

お仕事などで大きな荷物を持つ時、数寄屋袋はバッグ IN バッグとしても活躍します。
SUKIでは3つサイズ(S・M・L)展開をしています。

LサイズではちょうどiPad mini が入るサイズですので、携帯や小さなお財布を入れることができますのでクラッチバックとしても薦めです。

M・Sサイズですと化粧ポーチや、お薬入れ、お数珠入れとしてお使いになる方が多いようです。

SUKIは様々な生地で数寄屋袋を作っていますので、お着物×ヨーロッパのファブリックや洋服×アンティーク着物などお洒落のアクセントにもなります。

このように新しい感覚を取り入れ、茶道だけでなく現代の暮らしの中でも数寄屋袋を自由にアレンジすることで、また新しいファッションの世界が広がります。

数寄屋袋は「贈り物」「プレゼント」「ギフト」としてもご好評いただいています

SUKIはプレゼントではなくても、全て桐箱にお入しています。
収納にも便利ですし、ギフトとしても最適です。

数寄屋袋「SUKI」製作者について

SUKIはオフィスエムとめぐみ和裁工房とのコラボレーション商品です。
めぐみ和裁工房が製作を監修。

日本の縫製技術を活かした美しい直線、角が特徴です。

めぐみ和裁工房
主宰/松村めぐみ(和裁師)
着物に魅了され着ることを楽しむなか、
着物を自分で縫えることを知り裁縫の経験がないまま30歳で和裁を学び始める。
「丁寧に、着やすい着物を」という師の教えを大切に縫う人として、
日本の誇らしい文化の着物に向かう。
着られる方に合わせた寸法でお仕立て、譲り受けられた着物のお直し承ります。

お仕立のお問合はこちらより
https://officeemu.jp/contact/

企画・販売 オフィスエム

近年、海外縫製が主流となりコストのかかる国内での和裁の需要が激減し後継者が少ない状況です。

オフィスエムでは、SUKIを通し着物文化について一人でも多くの方々に関心を持っていただけるよう企画しました。

松村篤史

代表/オフィスエム

1978年10月3日生まれ 天秤座 O型
1997年3月、大阪あべの辻調理師学校卒業
卒業後は調理師としてロンドンで約2年働く
帰国後は家業の飲食店を管理、運営。山荘無量塔の故藤林社長との出会いにより旅館業(接客、フロント)に携わる。ロンドンから帰国後、日本文化に興味を持ち茶道・花道の勉強を始める。旅館という舞台で日々花をいけ、室礼、お客様をもてなすことで独自の接客スタイルを確立。35歳の時に独立、オフィスエムを立ち上げ室礼師として旅館の床の間を中心に様々な場所の空間コーディネイトを提案している。
2018年より価値伝承師として文化・食の普及活動をスタート。

SUKI × 着物 コーディネート

同じ着物、お洋服でも生地の違うSUKIを持つことで印象が変わります。

お取扱店

匠舗 臧拙Zo-Setsu
住所/大分県由布市湯布院町川上1264-2 山荘無量塔内
TEL/0977-28-4500
http://www.sansou-murata.com/facilities/zosetu/index02.html

ブログ関連記事

商品一覧